羨ましくないけど・・・

'12.05.26

=================================================================

    新規開拓なくして成長なし 454号  (2012.05.26)

=================================================================

 

6月に2つの支店を開設します

1.台北支店
台北世界貿易中心のなかにある40平米の小さな事務所です。
http://www.twtc.org.tw/

2.岡山支店
創業の地岡山、そして創業当時と同じビルに10年ぶりに戻ります。

原点の地と未知の地、過去と未来を結びたいと思います。

 

=================================================================

         羨ましくないけど・・・

=================================================================

 

私の周りに
・親の代から多くのものを引き継いだ人
・自分でとっても成功した人
・まだ成功途中だけど、勢い良く昇っていっている人
・何やっているかわからないけど、自由奔放に暮らしている人
など、羨ましく思える人が沢山います。

そんな人を見ると「羨ましいなぁ」と思ったり、そんな人と話をして
いると「聞いた方法をそのままパクれば俺にもできるわ!」なんて
思うことも度々でした。

まぁ、昔の話です。

今は、別段、誰が何で成功していても「羨ましくない」と思えるし
「羨ましい思っても僕には出来ないから仕方ない」という思いが根底
にあります。

皆さんもイチロー選手や松井選手がどれほど活躍して、どれほどの
収入を得ても、あの人と同じになれるなんて思わないですよね。

周りにいる人はあれほど凄くなくて手が届きそうでも、結局は、自分と
違う人間であり、違う経験を持ち、違う能力を持ち、違う環境であること
を考えると、どうせ同じ事はできません。

頭が良い人であればあるほど、ビジネス自体の要点を見透かすことができ
「出来る!」って思うんだけど、そんな人に限って自分と他人との違いが
わからないんですよね。

わからないというか、自分の方が上なんだからと頭の良さを基準に上下を
つけてしまうんだけど、頭の良さはビジネスにはそれほど直結しません。

他人を羨む気持ちは百害あって一利なしです。
自分を持ち続けないと、ビジネスの世界では生き残れません。

ただ今の自分に満足したり、未来を諦めたりしたら、それこそ淘汰の
対象になってしまいます。

営業の世界も同じ事です。
新人から3年ぐらいは指導を受けるという意味で他人というか上司や先輩の
力は必要ですが、基本的に他人のやり方なんて関係ありません。

他人と違う自分を持つことが大切です。

 

=================================================================

              編集後記

=================================================================

 

中学生になって初めての中間テストが目前です。

12歳の娘は、勉強、勉強、勉強・・・
なんてことなく、のんびりと1日1時間やっているのか、やっていないのか
わからないようなペースです。

「まぁ150番ぐらいを目指して・・・」

学年は220人だから、なんとハードルの低いこと・・・
まぁ、どうでも良いけど・・・

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  このマガジンへのご意見・ご感想をお待ちしています。

  発行責任者  岡村晴雄 harunatu@mxb.mesh.ne.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇このメールマガジンを発行出来ますのも、まぐまぐ様及びそのスタッフ
の皆様のお陰です。この場を借りて心から深く感謝いたします。

◎新規開拓なくして成長なし
のバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000121339/index.html

新規開拓ドットコム! メルマガバックナンバー 451号〜最新号