リピート対策

07.05.04

2007年4月26日、internet.com発アウンコンサルティング株式会社からの出稿記事からです。
検索経由の訪問者はご新規さんのみ?

(ここから)
アウンコンサルティングが2006年2月に行った調査によれば、「頻繁に訪問するサイトでもお気に入り(ブックマーク)に登録せず、検索サイトで検索して訪問することがありますか?」という設問に対し、調査対象者となったインターネットユーザーの4人に1人が「よくある」と回答し、「たまにある」という回答者も含めると、その比率は83%に達している。

つまり、多くのユーザーが目的のサイトに再訪問する際、頻繁に検索結果経由でサイトへたどり着いているということになる。

こうしたことから考えると、SEO や検索連動型広告は効率的な新規顧客獲得手法として注目されることが多いが、実はリピーターの獲得にも一役買っていると考えられるのかもしれない。
(ここまで)

そう言えば、私もよく行くサイトを検索することがあります。
あまり、ブックマークを使いませんので。
本当に必要なサイトは、新規開拓ドットコム内にある私専用のスタートサイトにリンクを貼っています。

ここでは、検索キーワードは会社名などの固有名詞とは限らないということです。
例えば、弊社を再訪問する場合に、「セルプス」とキーワードを入れて下されば、間違いなく弊社にたどり着けます。

しかし「新規開拓」なら現在は1位ですが、順位が下がって2ページ以降になるとたどり着けない可能性もありますよね。
リピートが来ないというのは、これはこれで非常に怖いことです。

検索エンジンも、また、新規対策と共にリピート対策として、重要な地位を占めているとこいうことなのでしょう。


新規開拓ドットコム! SEM(SEO) 記事一覧