会員制サービス

06.12.27

2006年12月13日、日本経済新聞の記事からです。
検索最適化、低価格で 会員制サービス、

(ここから)
インターネットを使ったマーケティング支援のインターネット・ビジネス・フロンティアは、キーワード検索で上位表示するためのコンサルティングに低価格の会員制サービスを導入する。訪問コンサルなら年数百万円かかることも多いが、電話やメールで対応することで最小限の対応なら年十万円未満で利用できるようにする。

低価格会員制度をつくるのは検索エンジン最適化(SEO)と呼ばれるサービス。電話やメールで月間一テーマの質問に限定する場合は入会金19800円で年会費が8万円。テーマ無制限は入会金39800円で年会費は60万円となる。
(ここまで)

SEOと言えば、ピンキリでよくわかりません。
「安かろう、悪かろう」という感じもして、低価格には何となく手が出しにくい。
だからと言って、高いところは手が出ない。
そんな業界ですよね。

そんな中、ある程度の高さの会社が「低価格で会員制サービスを始めた」というのは、興味が沸きます。
「自分で作業するから、低価格で」というのは価格に対する説明が出来ており、期待がもてそうですね。

そう思うと、価格というのも、「低価格だけでなく、その理由を述べる」ということの重要性を再認識させる記事だと思いました。
もちろん、高価格の場合もその理由が必要です。

あなたの価格には、理由が明確にされていますか?

インターネット・ビジネス・フロンティア
http://www.jissenkai.jp/

新規開拓ドットコム! SEM(SEO) 記事一覧