強調タグ

’06.08.17

文字を太文字にして、目立たせる。
誰でも考えることです。

SEOSEO、同じ太文字ですけど、意味する所は違います。
前者はBタグを使っており、後者はSTRONGタグを使っています。

Bタグは、単なる見せかけ上、太文字にするものです。
STRONGタグは、強調する為に太文字にするものです。
同じ太文字でも、意味に違いがありますよね。

検索ロボット(クローラー)が、認識するのもタグの意味です。
太文字かどうかでなく、強調されているかどうかなのですね。
強調されている単語が、より重要度が高いと検索ロボット(クローラー)も判断するのです。

ですから、あなたもタグの意味を考えながら、どのタグを選択するのかを考えなければなりません

但し、文章全体をすべて強調するとか、複数のキーワードに沢山使うとかになると、意味がないですよね。
そもそも、あまり使うと強調ではありませんから。

あまり使い方を無茶すると、スパム扱いされる恐れもあるでしょう。
その辺を気をつけてください。

他にも強調タグには、<em>タグがあります。
上手に使って頂ければと思います。

新規開拓ドットコム! SEM(SEO) 記事一覧