トラストランク

'06.07.12

最近、Googleが「トラストランク(TrustRank)」という名称を商標登録しました。
つまり、「信用度ランク」ですね。
近い将来、サイトの信用度をランク付けするのでしょう。

今は、ページランク(PagePank)というのもがあります。
リンク、被リンクを基に作られたランクのことです。
あなたも、ご存知だと思います。

ページランクも、順位を決める大切な要素です。
他にも、様々な要素があります。
そして、近い将来、トラストランクが、順位を決める大きな要素になると思われます。
或いは、すでにその要素の一つになっているかもしれません。

では、信用度はどうやって決まるのでしょうか。
もちろん、推測の域ですが、以下のように思われます。

・長く運営、コンテンツのアップが行われているか
・アフィリエイトのリンクを貼っていないか
・第三者機関からサイト証明がなされているのか

・長く運営、コンテンツのアップが行われているか
この辺が、キーポイントかもしれません。
すでに、Yahoo!もGoogleも、サイトの運営期間は重要な要素です。
コンテンツアップされているかどうかも同様です。

・アフィリエイトのリンクを貼っていないか
今、アフィリエイトを行っているサイトの順位を下げる動きがあります。
今後も、こういった形での方向性は続くのでしょう。
ならば、トラストランクにも影響を及ぼしそうです。

・第三者機関からサイト証明がなされているのか
サイトが適切に運用されているのか、運営主体は存在するのか。
検索ロボットでは、調べることが出来ませんよね。
ならば、わざわざお金を出して、サイト証明を取っているサイトは、信頼性が高いとの判断をするのは、自然の流れだと思います。

この辺が、トラストランクの判断基準のような気がします。
ただ、今、ネット上でもいろいろ言われています。
もちろん、運用が始まった後も含めて、外部の人間にはわかりません。

しかし、今から備えを行う必要はあると言えますよね。

新規開拓ドットコム! SEM(SEO) 記事一覧