2006年アドワーズ広告を振り返る

06.12.26

2006年12月19日、internet.com発のアイレップの出稿記事からです。
2006年の Google アドワーズ広告を振り返る

(ここから)
■プロダクト関連
・Google モバイル広告の正式ローンチ
KDDI との提携により、PC と異なるユーザ層の新たな取り込み、及び既存ユーザーへのリーチを大幅に広げる事が可能となった。

・Google 動画広告
今後は、中小企業や個人が出稿するに足る媒体力を Google が準備できるかが、更なる普及の分かれ道となるだろう。

■提携関連
2006年8月前後から mixi のサイト内検索においてアドワーズ広告が配信されている。検索結果とはてなブックマークが連動したはてなとの提携も注目だ。
■ツール関連
・広告のスケジュール設定
「月曜から金曜の10時から19時のみ配信」などのように、任意の時間・曜日別の広告配信を自動化する事ができる。

・掲載順位設定
「3位から5位でのみ掲載」などのように、任意の順位(順位帯)を指定して広告掲載を行う事ができる。

・Google Trends
任意のキーワードの過去の検索ボリューム動向を、グラフで確認する事ができる。また、そのキーワードに関連したニュースなども同時に確認できる。

・AdWords Editor
オフライン状態のローカル PC にて、アドワーズ広告の掲載内容の登録・修正や、設定を行う事ができるアプリケーション。一括登録/削除なども容易に行う事ができるようになり、運用の工数が大幅に削減された。
(ここまで)

アドワーズも進化し続けます。
私も進化し続けたいですね。

その反面、使用方法が複雑化して、使いにくくなっています。
携帯電話の使わない機能みたいにならず、使いこなしてこそ効果がでます。
なんだか、アドワーズ専門のアウトソーシング会社が増えそうですね。

新規開拓ドットコム! SEM(検索連動型広告) 記事一覧