Adwordsの審査

06.08.24

2006年8月16日、株式会社アイレップがjapan.internet.comに出稿したレポートからです。
Google アドワーズの“審査”を再確認しよう

(ここから)
一般的に Google アドワーズは、「事前審査」と「事後審査」が複雑に組み合わさった媒体である。

■キーワードターゲット広告
・Google での審査
Google での広告掲載は、基本的に事後審査となっている。但し、以下のようなキーワード、及びそのキーワードを含む広告テキストは事前審査となる場合があり、すぐに掲載されない可能性がある。

1 薬事法に抵触する惧れがあるキーワード
2 商標侵害の惧れがあるキーワード
3 アルコール類に関するキーワード

Google は事前審査の対象となる具体的なキーワードを公開していない為、上記の例はあくまで弊社の経験から鑑みた予測であることをお断りしておきます。

・検索ネットワーク(他の大手ポータルサイト)での審査
検索ネットワークでの広告掲載は、全て事前審査となっている。

■コンテンツターゲット広告
コンテンツターゲット広告の掲載は、全て事前審査となっている。
(ここまで)

AdWordsは「事前審査」、Overtureは「事後審査」と一般的に言われていますが、微妙に違うのですね。

ということは、AdWordsにおいて、掲載中の広告テキストを修正すると、審査の為に、一部、掲載がストップするということです。
微妙なキーワード、検索ネットワーク、コンテンツ広告においてです。

機会損失を考えると、事前に同じグループ内で広告掲載しておき、審査の為の掲載ストップを回避しなければなりません。

あなたは、機会損失を他でもやっていませんか?

新規開拓ドットコム! SEM(検索連動型広告) 記事一覧